麻布通信

ホーム » 麻布高野山通信

「正光院についての記事」を表示

高野山 団参その1

 去る五月二十五日、二十六日、風薫る五月晴れのなか、令和最初の高野山へのお参りを行いました。今回は「高野山・新発見と再発見の旅」として今まで訪れたことのない宿坊等を巡り、高野山の色々な表情を見ることができ、あらためて高野山の奥深さを感じた旅でした。
今春就任された飛鷹法印のご自坊「三宝院」を皮切りに、江戸時代の様式の残る唯一の寺「親王院」、弘法大師が高野山におられた時のご住坊であり「大師入定の間」のある「龍光院」とお参りし、それぞれ一般には公開ていないご本尊や部屋など拝観し貴重な参拝となりました。

2019年07月04日(木)|カテゴリー:正光院について